車を売る際の下取り査定

車を買い換えるには下取りや買取りにだして資金を確保しますが、下取り査定と買取では異なる部分があるため、両方を利用してみることが大切です。

下取りでは新車を購入することが前提の査定となるため、市場の動向や価値が反映されないケースもありますが、安くなるだけではなく逆に高くなる場合もあります。

新車の販売を拡大したい際には査定額を高くすることで購買意欲を高めたり、値引きの拡大によってお得感を強調するケースがあります。一方で買取では純粋に買い取った車とそれを売却した際の差額が利益となりますが、下取りでは査定額と値引き額を合わせた金額で比較する必要があります。

新車を購入することが前提であれば、必ずしも買取のほうが高くなるとは限らない場合がありますので、両方で査定を受けることがポイントになってくると言えます。

下取りでは査定表を基にして買取額を出すため、基本的には車種と年式によって買取額が決まってしまいます。買取ではさらに人気度も加味した価格となりますので、人気が高いほど有利な状況となります。下取りでも決算月やボーナス月には値引き額が拡大する場合があるため、総額で見れば安く済む場合もあります。

買い替えの場合には買取だけがお得というわけではないため、比較が必要になってくると言えます。新車の購入では色々な要因によって変動するため買取とは異なる部分も多いですが、過走行など減額の対象となるものに関しては同じ基準で査定が行われています。